鹿児島県霧島市の藤田歯科医院|インプラント・ホワイトニング・審美歯科・矯正・咬合治療

審美歯科

被せ物・差し歯

被せ物・差し歯

審美歯科について

審美歯科について
審美歯科とは、美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療分野のことです。

審美歯科の具体的内容は、オールセラミック、ラミネートベニア、メタルボンド、ホワイトニング、歯列矯正、その他特殊材質による人工歯などがあります。
歯には機能的な側面と、審美的な側面があり、ともに健康に関しては重要な要素です。

当院では、この2つの側面をバランスよく取り入れて、皆様に健康的で美しい歯を手に入れるお手伝いをさせていただきます。

オールセラミック

オールセラミック
オールセラミックは、被せ物や差し歯の素材が全てセラミック材料(陶器材料)で出来ているものを使用する審美歯科治療です。 金属類を使用するメタルボンドと違って、全て光を透すセラミック材料(陶器材料)で出来ているので、天然の歯に近い透明感ある仕上がりになり、見た目の気になる前歯に適しています。

メリット

■白くてキレイで透きとおる自然な歯に仕上がる

■虫歯になりにくい

■変色しにくい

■歯垢や食べ物の色素が付きにくい

■金属を一切使わないので、金属アレルギーの人にも使用可能

デメリット

■保険適用外のため負担額が大きい

■歯を削る量が比較的多い

■操作が複雑なため、他のものより若干回数や時間がかかる

ラミネートベニア

ラミネートベニア

歯の表面を少しだけ削りその上に貝殻状のセラミックを接着させる方法です。

ネイルアートで用いられるつけ爪のようなものです。

変色している歯の色調の改善や小範囲の歯並びの改善、隙間の開いた歯の修復、歯の形態の改善に用いられます。

メリット

■少しの隙間なら埋めることができる

■色だけではなく形も綺麗にできる

■歯を削る量が少ないので神経を取る必要がない

■従来のホワイトニングでは対処しきれない変色歯も白くできる

■はがれたり欠けたりなどのトラブルがほとんどありません

デメリット

■一度接着すると取り外すことはできません

■歯のエナメル質と歯がある程度残っていないとできないこともある

■かみ合わせが悪かったり、歯ぎしりの癖があったりすると、欠けたりはがれたりするおそれがあります

メタルボンド

メタルボンド

メタルボンドは、被せ物や差し歯の全体をセラミック材料(陶器材料)で覆い、内側を金属で補強したものを使用する審美歯科治療です。

すべてセラミック素材(陶器材料)で出来ているオールセラミックと違って、歯を作る際の土台に金属を使用しているので、色調や透明感は多少劣りますが、非常に丈夫で長持ちであり、奥歯やブリッジなどの強度が求められる部分にはオールセラミックよりメタルボンドが適しています。

メリット

■経年劣化が少ない

■強度に優れ、奥歯でも安心して使用できる

■色が歯に似ているので見た目が良い

■丈夫で割れにくい

デメリット

■色調はオールセラミッククラウンに劣る

■保険外の治療なので、値段が高い

■裏側から見ると金属が見える

■歯の切削量が若干多い

ホワイトニングのビフォーアフターはこちらへ
Copyright © 藤田歯科医院 All Rights Reserved.

▲ページの
先頭へ戻る