鹿児島県霧島市の藤田歯科医院|インプラント・ホワイトニング・審美歯科・矯正・咬合治療

矯正・咬合治療

矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科は一般的に不正咬合、(出っ歯・八重歯・乱ぐい歯・受け口)など噛み合わせの悪い歯並びを、自分の歯を生かしたまま治療することです。

 

単にきれいな歯並びにするというだけではなく、むし歯・歯槽膿漏・咀嚼障害等の病気を予防するためにも重要な歯科治療です。

 

また、歯並びが整うことで、歯のガタツキが無くなり、むし歯や歯槽膿漏の原因となるプラークがつきにくくなることで、歯の寿命を延ばすということにも繋がります。

こんなお悩みありませんか?

■歯の隙間や出っ歯が気になる

■歯並びの悪さがコンプレックスになっている

■人と話すとき周囲の視線が気になる

■食べ物が歯の間に挟まりやすい

■滑舌が悪い

■歯のまん中が合わない

■口臭が気になる

■歯磨きがうまくできず、むし歯になりやすい

こんなお悩みありませんか?

メタルブラケット

メタルブラケット

固定式のブラケットとワイヤーでできていて、ワイヤーを定期的に調節または交換することで歯を動かします。

 

歯の表面につくブラケットとワイヤーの摩擦が少なく痛みが生じにくい構造です。

メリット

■あらゆる症例の治療が可能

■比較的低コスト

■薄くて丈夫

■歯が動きやすい

■ブラケット自体の大きさは小さいため口腔内や唇への違和感(痛み)は少ない

デメリット

■装置が目立つ

■金属アレルギーの方には不向きです。

クリア(審美)ブラケット

クリア(審美)ブラケット

審美性を意識した目立たないレジンのブラケットです。

素材は、金属ではなく透明なので、かなり目立ちにくくなります。

摩擦抵抗は少なく、変色もおきにくい材質です。

メリット

■メタルブラケットに比べて目立たず審美性に優れている

■金属アレルギーの発症がない

■遠目だと矯正しているのが、ほとんどわからない。

デメリット

■メタルブラケットよりも大きく、高さもあるため口腔内(特に唇)への違和感(ぶつかる、すれる)が比較的大きい

■メタルに比べ料金が高い

矯正歯科のビフォーアフターはこちらへ
Copyright © 藤田歯科医院 All Rights Reserved.

▲ページの
先頭へ戻る